「いじめ」を正しく解決するため、そして「いじめ」を撲滅するため対策していきましょう!

失敗するケース

banner_04_2

失敗するケース

いじめの対策を誤ると、大変なことになるケースがあります。
親御さんが感情的になり、いじめの加害者の親に直談判をし、余計にいじめがエスカレートしてしまった、といったケースです。
非常にデリケートな問題ですから、冷静かつ慎重に対応しなければならないのが、いじめ被害の解決の難しさです。

いじめの加害者の親に、直接話す

確かな証拠もなく、いじめを行っている加害者の親に直接話をするのは、効果的とは言えません。
加害者の親も、自分の子供が可愛いもの。自分の子供を守ろうとする可能性もあります。加害者の子供も親に嘘をつくかもしれません。
いじめを行っている子供の親に、文句のひとつでも言ってやりたいという気持ちはわかりますが、お子さんを守ることを優先して考えましょう。

親が感情的になってしまう

大事なお子さんがいじめられているのですから、親御さんが感情的になってしまうことも理解はできます。しかし、親御さんがいじめの加害者の親などの前で大騒ぎをすれば、被害を受けている子供さんへ、もっと酷い仕打ちが待っているかもしれません。
冷静に対応し、いじめの証拠を集め、お子さんをいじめから救い出しましょう。

いじめに苦しむ子供を救う3つの手立て

images_06

    1. 子供の話を聞き、いじめに気づいてあげる
    2. 相談先を考える
    3. いじめの証拠を集め、相談をする

この3点が、いじめに苦しむお子さんを救う手立てとなります。
くれぐれも、感情的に行動してはいけません。
「いじめの証拠集めはどのようにして良いかわからない」と、考えるのは当然です。
いじめの調査を行っている、探偵事務所に相談をしてみると良いアドバイスをもらうことができますので、探偵事務所に調査を依頼することも視野にいれることをおすすめします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © いじめ解決.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.